脇汗を抑えるお茶は?ハーブティーが効き目あり!

脇汗の発汗とお茶には影響がある?ハーブティーが効き目あり。

発汗を抑えるのに役立つお茶をご存知ですか?結論からいうと、ハーブ系のティーがベストです!

その理由を本記事でご説明します。

 

脇汗を5日間も抑えられるデオドラントを知りたい方はこちら

 

発汗を抑えるお茶

 

あなたはお茶をよく飲んでますか?私はお茶をよく飲みます。

私は普段の水分補給から、汗がたくさん出るくらい暑い時、寝る前に、朝起きた時に、とほぼ毎日お茶を飲んでいます。

そんな身近なお茶ですが、実はお茶には発汗作用があることをご存知でしたか?

暑くて喉が渇いたからお茶を飲む、何気ない日常でも汗が出たら、脱水防止でお茶を飲む。

でも汗が全然引かなかったり、何もしてないのに汗でジトッとしていたり、、、

もしかすると、お茶に含まれるカフェインが原因かもしれません。

しかし、実は発汗を抑制するのに役立つお茶もあるのです。

ここでは、そんなお茶の中でも発汗を抑えるのに役立つお茶、逆に汗をかいてしまうお茶について話していきたいと思います。

 

お茶はなんで発汗するの?

先ほどもご説明した通り、お茶にはカフェインが含まれており、このカフェインが原因で発汗します。

というのも、カフェインには交感神経を刺激する作用があります。その刺激により交感神経が高ぶり体の発汗を促すのです。

また、利尿作用もあることから、身体中の水分が放出されやすくなり、トイレの回数も増えてしまいます。トイレの回数が増える→出た分喉が渇く→お茶を飲む。と、エンドレスにカフェイン摂取・トイレ地獄にハマってしまいます。

このことからも、喉が渇いてお茶で水分補給、暑くて発汗が止まらないからお茶で水分補給&体を冷ます、とこれまで普通にしていたことが、実は間違いだったことに気づきます。

 

発汗を抑えるのはハーブティー

ここまでで、お茶は交感神経を刺激して、その副作用的な反応で発汗が起こってしまうことがわかりました。

でも、全てのお茶が交感神経を刺激するわけではありません。

では、どんなお茶が良いのでしょうか?

 

○ハーブ・ラベンダー・ローズティー

植物ハーブ系成分には、セロトニンを促進する効果があります

セロトニンとは、感情や気分をコントロールする、精神の安定に大きく影響を与える成分です。

このセロトニンが不足することにより、ストレス障害や鬱、心が不安定など、精神のバランスに大きな影響を与えるのです。

植物ハーブ系のお茶(ティー)を飲むことにより、このセロトニンを補うことができ、精神を安定させ、心の落ち着きからリラックス効果が生まれ、発汗を抑えることに繋がるのです。

心が不安定な時は交感神経が高ぶり、発汗を促しますので、ハーブティーやラベンダーティーで一息すると良さそうですね。

 

○ジャスミンティー

ジャスミンも実はハーブの一種なのですが、このジャスミンの香り成分に、精神を安定させる働きがあるのです。

ジャスミンに含まれる香り成分の1つにベンデルアセテートというものがあります。

この成分は精神を安定させ、脳をリラックスさせる効果があります。

気持ちが不安定な時にジャスミンを嗅ぐと、心が安定すると言われていますので、交感神経を落ち着け、発汗を抑えることに繋がるのです。

また、ジャスミンティーには脂肪燃焼など、ダイエット効果もありますので、ジャスミンティーを習慣づけることにより、心だけでなく、体も整えることができます。

 

カフェインの含まれる飲み物

お茶にはカフェインが含まれていることがわかりましたが、他にもカフェイン摂取に気を付けなければならない飲み物があります。

お茶の他には、コーラ・コーヒー・エナジードリンク・ココアなどなど・・・。

では、いったいどれ程の量のカフェインが含まれているのでしょうか?

 

それぞれの100ml中のカフェイン含有量(mg)を調べてみました。

コーヒー(インスタント)45mg、エナジードリンク50mg、コーラ10mg、ココア30mg、緑茶20mg

100mlの内にこれだけの量が含まれているのには驚きです。

ちなみにお茶の中でも玉露は120mgと断トツで多いカフェインが含まれています。意外にもコーヒーより玉露の方がカフェインが多いのです。

ただ、玉露には「タンニン」という成分が含まれており、このタンニンがカフェインと結合し、カフェインの効力を薄める効果があります。

また、紅茶には「テアニン」という成分が含まれており、このテアニンもカフェインの効力を抑制することから、お茶や紅茶を飲みすぎても、体に大きな害が起きないのです。

 

最後に

ここまでで紹介した、ハーブやラベンダー、ローズ、ジャスミンなどは一括りでハーブ系のティーにまとめられます。

ハーブ系のお茶を飲むことにより、精神を安定(交感神経を落ち着け)させ、この作用が発汗の抑制に繋がることがわかりました。

私の感想としては、結局どんなお茶でも適量であれば発汗に影響を与えないと思っています。

ただ、緊張する場面では心を落ち着かせ、発汗を抑える効果はあると思いますので、ハーブ系のお茶はオススメです。

効き目ないなぁ~と思ってたくさん飲むと、カフェインの摂り過ぎにもなりますので、くれぐれも気をつけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です