脇汗の臭いを抑える!知っておきたい市販薬の種類について

脇汗の臭いを抑えたい!



暑い日や緊張したときにたくさんかくのが、汗です。そんな汗で一番気になるのが脇汗ではないでしょうか?ここでは脇汗の臭いを抑える市販薬についてご紹介をします。

 

そもそも脇汗の臭いの原因は?

脇汗ってなんで臭うの?脇汗の分泌源は主に2つです!

○アポクリン汗腺

アポクリン汗腺は、臭いのある汗であり、元々は仲間同士の確認や異性を引きつけるフェロモンのような役割を担っています。脇の下・外陰部・校門周辺・乳輪・外耳道など特定の部分だけにあります。アポクリン汗腺は思春期以後に急速に発達するものです。この汗腺は別名大汗腺とも呼ばれています。

ワキガの原因はこのアポクリン汗腺から出る汗が皮脂腺から分泌された脂分と混ざって、これが皮膚の表面の雑菌により分解され、独特のワキガ臭が発生します。

○エクリン汗腺

エクリン汗腺は主に体温調整のために汗を出す汗腺で、私達が普段かく汗はこの「エクリン汗腺」からの汗です。エクリン汗腺は体のほとんどに分布しており、分泌される汗は無味無臭です。この汗腺はアポクリン汗腺に比べてかなり小さいため、小汗腺と呼ばれることもあります。

 

臭いの原因はアポクリン汗腺が原因なんだということがわかりましたね!

では、このアポクリン汗腺から出る汗の臭いを抑える方法は?

 

臭いを抑えるのにオススメの市販薬は?

脇汗の臭い、特に多汗症の人にとっては一生つきまとうであろう悩みです。この臭いを抑えるのにどんなものを使うのがいいのか?いくつかの市販薬をご紹介したいと思います。

臭いを抑える市販薬には様々な種類があります。石けん・ローション・クリーム・ジェル・スプレー。次で詳しく見ていこうと思います。

 

どんな種類があるの?

 

○クリーム・ジェル・ローション(塗りこみ)

クリームは直接気になる部分へ塗りこむことで臭いを抑えたり、汗を抑えたりします。クリームはスプレーに比べ持続時間が長く、一日に何度も手入れをしなくても効果が長く続くというのが特徴です。クリームを使われる方はできる限り無香料のものにしましょう(汗の臭いと混ざると臭いがきつくなる可能性があります)。

 

○スプレー

みなさんに一番なじみがあるのが制汗スプレーではないでしょうか?スーパーや量販店などどこでも買えるので一番使いやすいですね!スプレーにも清涼感のあるもの、銀イオン配合で抗菌作用の強いもの、匂いも様々です。ちなみに、私は銀イオン配合のスプレーを多様しております。銀イオン=抗菌作用が強いというイメージもありますし、価格も比較的安いためです!しかし、スプレーは持続時間が短く、こまめにスプレーする必要があるのが困ります。

 

○石けん

基本的にはお風呂に入る時に使用します。普通の石けんよりも匂いが強いものが多いという印象です。価格も低価格のものから高価格の物まで様々にあります。成分としては汗に栓をする塩化アルミニウムを含んだ物や銀を含んだものと、汗を抑える成分が多く配合されています。また、石けんの種類によっては、普通の石けんよりも肌がつっぱったりすることもありますので、全身には使わずに脇だけに使用するなど工夫が必要かもしれません。

 

○飲み薬(サプリなど)

サプリには様々な種類があります。柿から抽出した柿渋成分に含まれるタンニンを配合したサプリ。お茶の成分であるカテキンを配合したサプリ。イライラを抑える作用や、リラックス効果のあるギャバを配合したサプリ。体内に存在する量が最も多いミネラルであるカリウムを配合したサプリ。種類は豊富です。カリウムは血圧を下げる代表的な栄養素ですし、カテキンは食べ物のニオイに働くとされており、食後のリラックスに効果があるとされています。

サプリは体の調子を整えるので、体の嫌なニオイを根本から調整していこうという方にはピッタリですね!ただ、サプリは他の市販薬に比べて高価なものになりますので、買うにはそれなりの覚悟が必要ですね!

種類だけでも多くて、どれを使うか迷いそうです。

 

どんな市販薬がある?

○クリーム・ジェルタイプ

画像をクリックすると詳細が見れます。

汗をかいても効き目が夜まで持続し、毎日一度の塗布で一日中効き目が続くと評判のクリームです。このクリームは臭いの原因となる皮膚常在菌に対して高い殺菌効果が認められています。また、オイルフリーでべたつかず、無香料であるため、ベタベタやニオイなど気になる方でも使いやすいクリームです。

 

○スプレー

画像をクリックすると詳細が見れます。

みなさんも一度は見たことがあると思います。Ag=銀 による抗菌作用により、ニオイ菌の発生を抑えて、サラサラを維持することを目的としたスプレーです。金額も安くどこにでも売っているので比較的簡単に手に入れることが出来ます。しかし、私の実感としては、スプレータイプですと汗を少しでもかくと成分が流れてしまう感覚があり、効果は短めでした。一時的な制汗効果を求めるのであれば有効かもしれませんが、こまめにスプレーする必要がありそうです。

 

○石けん

↑画像をクリックすると詳細が見れます。

汗腺内に蓋を作って汗を出なくする成分の塩化アルミニウム、細菌の発生を抑え、抗菌作用と防臭機能のある銀を含んだシルバーコロイド、皮脂過剰になりがちな肌をすっきりさせるプラチナコロイドが配合された高級石けんです。日本で約90日間かけてじっくり作られたこの石けんは、モンドセレクション2018銅賞を受賞している信頼のおける石けんです。

高級な石けんで、手に入れるにはネットでの注文となるとは思いますが、普段の生活で臭いを改善できるのであれば使ってみる価値はあるのではないでしょうか?

 

 

○サプリ

画像をクリックすると詳細が見れます。

体内に一番多く存在するミネラルであるカリウムを多く含み、活性酸素の働きを抑えるイソフラボンと似た特徴を持つプエラリアミリフィカ、一時的なストレスや精神的ストレスを軽減させるギャバ、そしてニオイのエチケット成分として多く使われる柿渋成分が配合されています。体内の根本にある原因の改善に効果を発揮するので、サプリで体の調子を整えつつ、他のデオドラントと併用していくことで、効率よく改善できそうですね!

 

まとめ

脇汗の臭いの原因は、アポクリン汗腺から出る汗であり、フェロモンの役割を担っている。石けん・ローション・クリーム・ジェル・スプレーと様々な種類の市販薬がある。クリーム系は直接塗りこむため、殺菌作用が高く長時間持続する。スプレーは高い制汗作用があり即効性はあるが、汗などで流れやすく短時間の効果しか期待できない。石けんは毎日のお風呂でケアすることが出来るので、日常生活に取り入れたケアができることが魅力。サプリは体の調子を整え、体の根本から改善をしていく。

いかがでしたでしょうか?

様々な市販薬がありますが、一つずつ使うのもよし、数種類を併用するのもよし、この記事で少しでも参考になればと思います。

余談ですが、服に事前にスプレーしておくタイプもあるみたいです。

←衣服に消臭タイプ

 

別記事では、脇汗を止める作用のあるロールオンについても紹介しておりますので、よかったらご覧下さい。

ご覧頂きありがとうございました。

 





 

 

 

 

 

 

「脇汗の臭いを抑える!知っておきたい市販薬の種類について」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 脇汗パッドは「ばれる」?心配な方必見!安心脇汗パッドをご紹介! – 脇汗に悩まないブログ

  2. ピンバック: 脇汗パッドは「ばれる」?心配な方必見!安心脇汗パッドをご紹介! | 脇汗に悩まないブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です